ミニルーターのおすすめ2021人気ランキング

ミニルーターのおすすめ

ミニルーターは修理および維持を含む家の改善の仕事の広い範囲のためにだけ完全でなく、彫刻、切断、磨くことおよび穿孔のような木工細工する。

しかし、市場にはさまざまな電源方式と回転速度を持つモデルが数多く存在し、多くの人が初めて購入するときに疑問を抱いているかもしれません。

ここでは、機能、タイプ、およびミニルータの選び方を慎重に紹介します。 あなたの次のプロジェクトが木彫り用具、ガラスカッター、または多用具の多様性を保証するかどうか、あなたの必要性に適するために下の選択を見つける。

ミニルータとは?

ミニルーターはハンドヘルドのパワーツールで、チップに取り付けられた小さなファイルや白い石を高速回転させて、精密かつ精密な処理を可能にします。 これらのデバイスは、研磨、切断、研磨、彫刻などの詳細な作業に役立ちます。 初心者でも扱いやすい便利なツールです。

ミニルーター 用途

木工・金属加工

ミニルーターは木材や金属の切断、研磨、削る便利です。 木工細工では、一般に鳥の彫刻や木工用溝加工に使用されます。 ポリライトホイールビットを取付ける場合、木およびを磨くことができる木材からフルフを除去します。

木工金属加工

金属製シェービング、金型改造、切断などの金属加工に有効です。 また、バリ取りや金属の面取りにも使用されます。 硬い金属面の切断に使用する場合は、強力なミニルーターを選択することをお勧めします。

錆および土の除去剤

ミニルーターは、さまざまな場所で錆や汚れを取り除くのにも便利です。 たとえば、アルミニウム、スチール、ステンレススチールなどの金属部品や、キッチン、水用品、工具から錆や汚れを取り除くのに便利です。

ただし、勤務先や目的に適したビットを選択することが重要です。 ワイヤーブラシ、シャフト付きのゴム製の白い石、ポリライトホイールなどの多くのビットがセットに含まれているかどうかを確認します。

金属表面研磨

金属表面研磨

ミニルーターは、金属面を滑らかに研磨するのにも便利です。 特に、溶接によって金属が隆起している部品をこすり取るのに最適です。 金属部品や工具のバリ取りにも使用できます。 また、傷が付いたときに金属製品を目立たないようにするためにも使用できます。

ただし、金属の表面を研磨するには電力が必要です。 回転速度が速い強力なオプションを選択することに加えて、の硬度を処理できるビットを準備する必要があります 研磨する金属。 また、金属の表面を研磨するときは、火花やほこりが目や口に入らないように注意する必要があります。

その他の用途

穴あけ、補助切断、彫刻、研削

ミニルータの種類

ミニルーターを選ぶと、コード付きとコードレスの両方のオプションがあります。 DIYers の多くはコードレスツールを好みます。コードレスツールはどこにでも置くことができますが、コード付きミニルーターの方が電力が少し多くなります。

電源コード付きミニルーター

ミニルーター

ほとんどの電源コードミニルーターは安定した電力で使用できます。 コンセントが近くにないと使えないのは欠点ですが、充電式ミニルーターと比べてラインナップが豊富で価格も安いです。 利点は、充電することなく、すぐに挿入して使用できることです。 メインボディーの多くは軽量なので、長時間使用しても疲れません。

多くの高速、高トルク製品は、高電圧を供給できる電源コードタイプです。 また、充電が低下せず、電力が低下しないため、動作が安定しているため、継続的に使用する場合にもお勧めします。 ただし、定格使用時間があるため、それを超えない範囲で作業してください。

充電式ミニルーター

本体に充電式バッテリーを内蔵しており、どこでも使用できます。 最近では、リチウムイオン電池の普及が進んでいます。 その利点は、屋外でも近くにコンセントがない場所でも使用でき、作業中にコードが邪魔にならないことです。 机の上に小さな部品を置いても、ケーブルが引っかかってしまう心配がないので便利です。

コードレスタイプで、コードタイプよりも若干高い価格で、本体の重量はコードタイプよりも重くなっています。 家庭用コンセントに加えて、充電に USB ケーブルを使用するものもあります。 USB の場合は、 PC の USB ポートまたはスマートフォンの充電器を使用して充電できます。

ミニルーターの選び方

回転数を調整できます

適切な回転数は、作業するマテリアルによって異なります。 ミニルーターを選択するときは、回転数を調整できるかどうかを確認してください。 柔らかい材料で高速回転を選択すると、回転熱によって変形する場合があります。 しかし、金属を加工したり研磨したりする場合は、より高速に回転するモデルが適しています。 回転数を調整できるものを選択することをお勧めします。

回転速度の範囲は、モデルによって異なります。たとえば、 5,000 ~ 14,000 min-1 および 10,000 ~ 32,000 min-1 などです。回転速度の範囲が広いほど、メインユニットは高価になります。

ミニルーターの定格使用時間

ミニルータには、継続的に使用できる「定格使用時間」があります。 説明がある場合は、注意して確認してください。 定格使用時間後も使用を続けると、内蔵モーターが過負荷になり、最悪の場合は誤動作の原因となる可能性があります。

できるだけ長く使用したい場合は、長い定格使用時間のモデルを選択することをお勧めします。 一部のモデルには独立したボディとモータがあり、モータの燃焼を防止しやすくなっていますので、ご確認ください。

小型・軽量化

詳細な作業に使用する場合は、薄いボディが便利です。 本体の厚さは約 3-4 cm です。 共通の大胆なオイル基づかせていたマジックの直径は約2 cm である、従ってそれを比較すれば理解し易い。 全体的な直径が大きい場合でも、先端のグリップが薄い場合は、ペンのように持ち、詳細な作業に使用できます。また、使いやすくなっています。

長い時間作業する場合や、詳細な作業が多い場合は、軽量のものをお勧めします。 一般的に、コードタイプは充電式タイプよりも軽いため、使用場所と処理する材料に応じてコードタイプを選択することをお勧めします。

ミニルーター ビット

1.ミニルータビットシャフト径

ミニルータのビット部分は、鉄のシャフトが付いた小さな白いまたはファイルのような形をしている。 このシャフトの直径はシャフト直径と呼ばれ、 2.35 mm で表されます。 シャフトの直径は、厚さが 2 mm 以下から 8 mm 以下のものが多く、最も一般的なものは 2.35 mm と 3 mm ビットです。 ミニルーターでサポートされているビットシャフト径は、使用可能なコレット径 2.35/3.2 mm 、チャック容量 φ 0.3 ~ 3.2 などのカタログに記載されています。

使用目的が広い場合は、シャフト径 3 mm のチップツールをお勧めします。 3 mm までのシャフト径に対応できるタイプは、一般に 2.35 mm および 3 mm ビットを使用できます。 シャフト径が 3 mm のビットは耐久性が高く、シャフト径が 2.35 mm のビットよりも厚いため、負荷が必要な作業に適しています。 研磨ホイールやワイヤーブラシなど、電力が必要なビットのラインナップが多数あります。 彫刻などの重荷重を必要とする複数の目的または作業に使用する場合は、シャフト直径 3 mm を処理できるものを選択することをお勧めします。

2.35 mm シャフトはデリケートな作業にのみ対応しています。 3 mm ビットは硬い物体を研磨するのに便利ですが、シャフト径が 2.35 mm のビットは、重い負荷をかけない詳細な作業に十分です。 当社は、掘削、研削、切断など、ほとんどの加工に対応する幅広いビットタイプを用意しています。 シャフト直径 2.35 mm のみをサポートする多くのミニルーターはコンパクトで手頃な価格ですので、使用目的が限られている場合にお勧めします。 ただし、厚みのあるドリルを取り付けることはできません。そのため、厚みのある穴を作成する場合は注意してください。

2.ミニルーターのビット 種類

ミニルータは、ビットを交換することで、さまざまなタスクを実行できます。 多くの製品にはさまざまな種類のビットが設定されているため、アプリケーションに応じて必要なビットが含まれているかどうかを確認することが重要です。 また、ビットを追加する場合は、取り付け可能なシャフト直径が製品によって異なるため、注意してください。

①ダイヤモンドビット
ダイヤモンドビット

ダイヤモンドビットは、ガラス、セラミック、タイル、プラスチック、シェルなどのさまざまな材料の研磨、切断、彫刻などに使用できる最も代表的なビットの 1 つです。 石、金属、木材。 それらは色々なサイズおよび形で利用できる。ある。 ダイヤモンドビットは、ミニルータ固有のガラス彫刻に使用されます。

②カットホイール
カットホイール

これは、丸鋸先端ソーの超小型バージョンのようなものです。 丸鋸の超小型版のように感じられます。 木材、プラスチック、ガラス繊維などの切断、銅やアルミニウムなどの軽量金属の薄い板の切断をサポートします。

③ダイヤモンド研削針
ダイヤモンド研削針

ダイヤモンドカッターは、ガラス、セラミック、タイル、プラスチック、シェル、 石材、銅プレート、アルミニウム。

④研削砥石
研削砥石

金属研磨、バリ取り、面取りなどに使用され、微細加工に不可欠なタイプです。 DIY でアクセサリを製造する方にお勧めします。

⑤サンディングバンド
サンディングバンド

サンディングバンドはチューブ状のサンドペーパーである。 それは色々なサイズ入って来、研磨、研削の磨くこと、錆の取り外しおよびペンキの取り外しのような様々な目的のために使用することができる。 ソフト素材からハード素材まで、あらゆる用途に使用できます。

⑥ドリルビット
ドリルビット

ミニルーターは、通常の電動ドリルでは処理できない非常に小さな穴を掘削したり、弱い物体での繊細な掘削作業に便利です。 通常のドリルビットに似たダイヤモンドドリルがあり、サイズが小さくなっていますが、ダイヤモンドドリルはガラスやセラミックに適しています。

ミニルータおすすめの人気

ミニルーター

このミニルーターは人間工学に基づき、細身で持ちやすいように設計されて、長時間持っていても手が疲れなくて、細かい作業をするのに最適します。ミニルーターは改良されたアルミ研磨シートを採用し、高速作動下でも破損せず、作業安全を確保します。

6段階の変速ができ、最小は8000rpm、最大は33000rpmに達せられるので、作業内容や材料に合わせて調節でき、最適な回転数で彫刻/穴あけ/研磨/切断/切削/汚れ落としなど、様々な作業を楽々にします

最後の言葉

ミニルーターは、木材加工や金属研磨など、さまざまな詳細作業で活躍します。 あなたの手で楽に合う小型ルータを選ぶことは重要である。 また、必要なビットが設定されているかどうかを確認します。 今回紹介した、目的や目的に合った推奨モデルを参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です