ヒートガン おすすめ 【完全なガイド】

ヒートガンおすすめ

ヒートガンは熱処理作業に便利なツールです。 塗料の乾燥や熱収縮チューブの収縮など、様々な作業に使われるもので、最近では DIY 購入を検討している人が多い。 但し、市場に多くのヒートガンのブランドがあり、頻繁に温度、空気量および冷却機能のような相違を有する。 最も売れ筋のヒートガンはどれですか?

このガイドは最もよいヒートガン おすすめ、ヒートガンの選び方を説明する。 購入時に参照できます。

ヒートガンとは?

ヒートガンは熱風を発するドライヤーのような道具です。DIY作品に欠かせない、PVCパイプ加工やはんだ付け、剥がしステッカーなど、さまざまな場面で使用されています。

ヘアドライヤーとのヒートガンの何が違う?

ヘアドライヤーに似ていますが、熱気放電温度は大きく異なります。通常140°C以下でポートバルーンから3cmで乾燥機温度。ヒートガンの放電温度は300~600°C程度と非常に高い。はんだ付けや溶接PVCなど、200°C以上の温度を必要とする作業のために乾燥機を置き換えるのは容易ではありません。

一部の作業では、乾燥機の温度は塗料の乾燥などの代用品として使用できますが、ヒートガンで短時間で仕上げることもできます。

ヒートガンの選び方?

ヒートガンは機能やデザインが異なり、多くの人がどちらを選べばよいか分からないかもしれません。ここでは、ヒートガンを選択する際に確認する要因はほとんどありません。

調節可能な温度

ヒートガンの最大温度は、モデルによって異なります。 温度が高いかどうかは問題ではありませんが、温度が用途や材料に適していることが重要です。 そのため、さまざまな作業を行う場合は、温度制御機能を備えたものを購入してください。

以下の各作業の推定温度をリストします。

① PVC 曲げには「 60 ℃ -80 ℃」を推奨
PVC-曲げには

PVC 材料の処理時の最適温度は約 60 ° C ~ 80 ° C です。一部のヒートガンは一定の温度で熱を放出するため、このようなヒートガンを使用した PVC の処理には適していません。 少なくとも 80 ° C の熱を発生させるヒートガンを推奨します。

②熱収縮チューブには「約 100 ℃」を推奨します

チューブ材料を使用する場合、最適な温度は約 100 ° C です 特に熱収縮チューブの場合は、温度を約 100 ° C に調整できる機能を備えたヒートガンを選択します

③スニーカーなどのシュリンクフィルムには、「約 150 ℃」をお勧めします
カーフィルムヒートガン

スニーカーにシュリンクフィルムを使用する場合は、約 150 ° C が適しています。 シュリンクフィルムを使用してパッケージ化および収縮する場合は、高温で放出されると溶けてしまう可能性があるので注意が必要です。

ヒートガンには基本的な温度調整機能が備わっており、ランデ前後に最大 150 ℃の温度調整が可能です。 縮小フィルムを使用する場合は、を参照してください。 あなたのスニーカーのためにシュリンクフィルムを使用すれば、それらをきれいおよび便利保つことができる。

④はんだ付けには「約 350 ℃」をお勧めします

はんだの反応温度は約 350 ℃です。 この材料ははんだ付けにも使用されますが、ヒートガンを使用してはんだ付けを行うこともできます。 はんだは電気機器の修理にも使用できますので、 350 °C 程度に調整できるヒートガンを選択してください

温度を決定する際には、どのような用途を使用するかが重要です。 ヒートガンは、「加熱」、「乾燥」、「溶解」の 3 つのタスクを実行できます。 ちょうどそれを暖めたいと思えば高温を必要としないし、乾燥したいと思えば適切な温度があればすぐに乾燥する。

ノズル

ヒートガンには、さまざまな目的に使用できるノズルがあります。 モデルによっては、 DIY ヒートガンは複数のノズルで販売される傾向があります。 異なるノズルを使用すると、塗料を乾燥させたり、 PVC の一部を溶かしたり、その他のさまざまな作業を簡単に行うことができます。 ノズルも確認してください。

①フィルムの収縮には「フラットノズル」をお勧めします
平面ノズル

フラットノズルはフィルムを収縮させる機能を発揮します。 また、乾燥作業にも使用でき、一度に熱風を吹き付けることができます。

②加工には「カーブノズル」をお勧めします
曲面ノズル

カーブドノズルは処理に便利です。 PVC 、プラスチック、熱収縮チューブなどの加工に効果的で、 C 円を通過することで熱を全体に加え、ねじれ、曲げ、変形など様々な形状を作ることができる便利なノズルです。

また、ヒートガンの中には個別に配置できるものもあるため、両手で処理する場合は、カーブドノズルとヒートガンを個別に配置することをお勧めします。

③スポットワークには「丸型ノズル」をお勧めします
丸ノズル

丸型ノズルはスポットワークに適しています。 熱は小さな部品に集中的に加えることができるため、はんだ付けや溶接にも使用できます。 他の部品に溶けない場合でも使用できる便利なノズルです。

以下の記事では、溶接機および溶接眼鏡の一般的な推奨ランキングを紹介します。 こちらもご覧ください。

調節可能なエアボリューム

一部のヒートガンでは、空気の量を調整できます。 温度は重要ですが、空気量は熱作業を行う際の重要な機能でもあります。 風量を調節できず、風が強い場合は、素材によっては風が吹き飛ばされることがあります。

ヒートガンを購入する場合は、操作が簡単なものを選択することをお勧めします。 特に、頻繁に使用する必要がある場合は、「エア量」調整機能があると便利です。 エアボリューム調整機能は必須機能ではありませんが、作業には便利です。

空気量が強いことを意味するのではなく、作業に適した空気量を生成することをお勧めします。 乾燥作業には強い空気量が適しています。また、少し離れた場所でゆっくり作業する場合は、弱い空気量を使用すると便利です。 したがって、空気の量を調整すると、作業範囲が拡大します。

勤務時間

ヒートガンごとに作業時間が異なります。 したがって、作業時間に適したヒートガンを選択する必要があります。 ヒートガンが約 8 分間の短い作動時間のヒートガンで長時間熱を放出すると、ボディが熱くなり、故障の原因となる場合があります。

故障するだけでなく、過熱や火災の原因にもなります。 これが起こらないようにあなたの勤務時間に適するヒートガンを選ぶことは重要である。

冷却機能

ヒートガンを使用する場合は、使用後すぐにノズルに触れないように注意してください。 ドライヤーよりもずっと熱い暖かい空気を作り出すヒートガンには、非常に熱い金属ノズルがある。 したがって、使用後の冷却のためにしばらく放置する必要があります。

ただし、一部のヒートガンには冷却機能があります。 冷却機能を使用すると、ノズルはあまり待たずに冷却されるため、比較的短時間できれいにすることができます。 冷たい空気を使用して、加熱された材料を冷却することもできます。

冷たい空気を放出するそれらはそれらを使用した直後に貯えたいと思うとき便利である。 ノズル部品は使用後はかなり高温になるため、火傷の危険があるため、放置しないことをお勧めします。 安全性も考慮している場合、冷却機能は点検するポイントです。

ヒートガン おすすめ

2021年最新型ヒートガンはLED液晶ディスプレイを搭載し、液晶画面に温度と風量がよりクリアになります。従来型とLCDディスプレイと違う、このホットガンは作業中使用しているモードや温度範囲や風力をよく液晶画面に表示されます。バックライト付きなので、目安分かりやすい、初心者やお年寄りにも簡単に使え、作業効率アップします

Tilswallヒートガンは風量2つモードに切り替えます。弱風モード「I位置」風量250L/min、温度範囲:50度、100度、150度、200度、250度、300度、350度;強風モード「II位置」風量550L/min、温度範囲:100度、200度、300度、400度、500度、600度。 熱風ボタンと「“+”“-”」ボタンでお好みの作業温度に調整できます。

DIY 、ゴルフ、カーフィルム用のヒートガンを選びましたか?

ヒートガンには、「カーフィルムペースト」、「フィルムパッケージ」、「 PVC 溶接」、「ゴルフクラブシャフトの取り外し」、「チューブの収縮」など、多くの用途があります。

ヒートガン コードレスとは?

これは充電式コードレスタイプのヒートガンです。 屋外でも、電源が供給されない場所でも使用できます。

ヒートガンの使い方?

ドライヤーのように手で持ち、熱を加えたい場所に近づけます。 スタンドを持っている人や、セルフサポートをしている人は、自己支援をして両手を解放することもできます。 ヘアドライヤーとして使用されますが、汎用性があります。 熱収縮チューブ加工や樹脂加工など、家庭管理のさまざまな目的に使用できるので、家庭での使用に便利です。

使用上の注意

熱銃は非常に熱い風を作り出すので燃やしられて得ないように注意しなさい。 耐熱性に優れた手袋を着用して保護できるだけでなく、周囲に細心の注意を払い、周囲に人がいない場所で使用することで、安全を守ることができます。

移動しやすい物体を扱う場合は、作業を始める前にしっかりと固定してください。 また、暖房中に物に触れるのは非常に危険です。 絶対に触れないでください。冷気で冷やしたり、温度が自然に冷えるのを待ったりしてください。

まとめ

ヒートガンは非常に便利なパワーツールで、塗料の乾燥、はんだ付け、貼り付け、フィルムの剥離に使用できます。 ヒートガンを使用すると、ドライヤーとの違いに驚いてしまいます。 そのため、用途に最適なヒートガンを選択して、さらに充実した作業を実施してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です